読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた キャズム(Crossing the Chasm):PLCと共に考える・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャズム(Crossing the Chasm):PLCと共に考える・・・

 ベルカーブのそれぞれの属性の間に多かれ少なかれ(大なり、小なり)「すき間」は存在するもののこの本で焦点が当てられているキャズムは、

 イノベーター&アーリーアダプター
         と
 アーリーマジョリティー

 の間に存在する"クラック"とされてます。

 プロダクトライフサイクルにおける"導入→成長→成熟→衰退"のステージごとにアプローチを
変えていく必要があるように、アーリーアダプターからアーリーマジョリティーに踏み込む段階で、
発想の転換が求められるのでは?!という点もちゃんと指摘されてるんですよね、この本で。

 アーリーマジョリティの特性として、

・場合によっては、購入しようとしているものが一過性で終わる可能性があることを理解しており、
・他社の導入事例をもとに確認する
・ベルカーブに基づけば、市場の約1/3を占める

 わけですが・・・

 アーリーマジョリティとレイトマジョリティー間の「溝(クラック)」に少し寄った話ではあるのですが、

  「ガツーーーーン!」

 と響いたのが、

・だんだん技術に対する知識。好奇心というか造詣というかが薄れていくということ。
・"ホールプロダクト"の考え方がより求められてくること

 ということ。
なんとなく言い換えれば、「技術的相違(優位性)=Advantage」よりも、「顧客視点での価値」に重きが置かれるという感じかなぁ...(?!)

 それから、当然と言えば当然なんですが・・・

 「購入の必然性」

 も、”ガツーーーーン!"と来ちゃいました(汗
ちょうど今担当している、製品販売プランも、これが弱いってことで再提出(?!)になってるんですよね・・・orz

 これなくして、どんなに魅力的な施策打っても、効果上がらないだろって・・・
そりゃそうなんですけどねぇ...(笑


キャズム
ハイテクをブレイクさせる「超」マーケティング理論

著者: ジェフリー・A.ムーア /川又政治
出版社: 翔泳社
サイズ: 単行本
ページ数: 355p
発行年月: 2002年01月
スポンサーサイト

theme : マーケティング
genre : ビジネス

comment

Secret

ブログ内検索
カスタム検索
■□ 最近の検索ワード □■ SEO
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
~~~~~~~~~~~~~ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ track feed TREview ~~~~~~~~~~~~~
RSSフィード
おまけ
***********
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。