読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 考えて、実行に移して走り出してみたら・・・
「あぁ、あれが洩れてた!」
「こんなこと、考えて於くんだったぁ」

 とか。
会議で話題が錯綜しまくって、「で、さっきのハナシなんだけど」的に堂々巡りしてみたり、
論点が不明瞭になってしまったり。

 色々な物事の「発想の仕方」とでも言うのでしょうか。
そんなことを訓練するのに最適な入門書でした。


・帰納法と演繹法(= 帰納法的発想と演繹法的発想)
・ロジックツリー
・MECE
・MODD

 などなど、思考や表現のツボとなりそうなツールが色々出てきます。
この本が大変充実しているなぁと思うのは、例が多いこと。

 例えば、

・ロジカルシンキングされてない、会議での会話
・ロジカルシンキングされている、会議での会話

 といった具合に。

 ただ、こういうのって、いくら座学しても実践なくしては糧にならないんですよねぇ・・・
そして、実践の場でどれだけ、上記のようなツールに基づく展開に刺激を受けられるか(与えられるか)が
カギなんだろうなぁ・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
カスタム検索
■□ 最近の検索ワード □■ SEO
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
~~~~~~~~~~~~~ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ track feed TREview ~~~~~~~~~~~~~
RSSフィード
おまけ
***********
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。