読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた ビジョナリー・カンパニー(特別編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジョナリー・カンパニー(特別編)

 三部作の一番最後から読み始めちゃいました。

ビジョナリー・カンパニー(特別編)

ジェームズ・C.コリンズ /山岡洋一 日経BP社 /日経BP出版センター
サイズ: 単行本
ページ数: 91p
ISBN:9784822245245


 「ビジョナリーカンパニー」シリーズ通じてのテーマなのかもしれない

  インプット・アウトプット

 に関する件が最も脳みそを刺激してくれた内容でした。

 本編では企業セクターではなくて、NPO,非営利法人セクターを視野に入れた議論が展開されているんですが、
「利益」、「ROI」みたいな具体的指標が持ちにくい環境においても「インプット・アウトプット」を正確に見極め、設定することの可能性に気づかせてもらいました。

 そして・・・「企業では難しくない」とはされていながらも日本市場だとまだまだ難しい(決して簡単ではない)「バスから降りてもらう」ことに対しても、そもそも「誰をバスに乗せるのか?」という点にフォーカスすることは、営利・非営利組織を問わず大原則中の大原則事項であることを再認識。

 幸か不幸か知らないけど、僕はまだ採る側に立ったことがないのでなんともいえないけど、自分の判断(採る/採らない、推す/推さない)が、「バス」のパワーや雰囲気なんかを左右していくことになるってことはちゃんと意識しておきたいですね。

スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
カスタム検索
■□ 最近の検索ワード □■ SEO
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
~~~~~~~~~~~~~ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ track feed TREview ~~~~~~~~~~~~~
RSSフィード
おまけ
***********
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。