読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた なるほど地域通貨ナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど地域通貨ナビ

jlogueでも取り上げられていた本書。ちょっとワケあって、勢い余って(?!)手にしてみました。

 これを読むまでは、商店街が独自に取り組んでいるスタンプなどを用いたポイント制度の延長のようなものかと思っていたのですが、地域の繋がりや、「円」という日本規模の交換単位に左右されることなく、地域独自での「価値メーター」としての位置づけを持っているケースがあるんですねぇ。

 諸外国の事例にならっているところもあるようですが、サービスの提供側と受益側で、それぞれ+/-で帳簿を付け合ったり、期末のプラスポイントに対して償却をかけたり(つまり、溜め込むばかりでなく、使うことで貢献と受益のバランスを狙っている?)など、実貨幣では難しいような取組(それがユニークではあるのだけど)も興味深いところです。

 いくつかのNPOなどで取り組んでいる地域通貨制度を取材形式で紹介されている本書ですが、多くのケースで活動の起点となっている、

エンデの遺言

著者: 河邑厚徳 /グループ現代
出版社: 日本放送出版協会
サイズ: 単行本
ページ数: 261p
発行年月: 2000年02月

も読みたくなったぞ!



スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

comment

Secret

No title

こんにちは。読んじゃいましたよ、これ。
こてこてのケース本(すごくリアルな)ではありますけどね。
こういうものがないと地域コミュニケーションが始まらない・・・とは考えたくないものですね

No title

おぉっ、コレを読みましたか・・・。
ちと遠い気もするが、周辺知識としておさえとくには良い本だと思うんだよね。意外と真ん中がない気がする。
ブログ内検索
カスタム検索
■□ 最近の検索ワード □■ SEO
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
~~~~~~~~~~~~~ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ track feed TREview ~~~~~~~~~~~~~
RSSフィード
おまけ
***********
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。