読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた 効率が10倍アップする新・知的生産術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効率が10倍アップする新・知的生産術

 無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 に続き、勝間さんの著書第二弾です。
まだフォトリーディングなんて出来ない私なりに、ザ~ッと読み終えたあとで、印象に残ったのは

◆◇ 1.物事への取り組み方、発想の仕方の【気づき】を与えてくれる本であるということ ◆◇
◆◇ 2.参考文献、サイト情報が豊富で、芋づる式読書(?)に最適な本であるということ   ◆◇


 ですかね。

1.物事への取り組み方、発想の仕方の【気づき】を与えてくれる本であるということ

 第2章に集約されていますが、情報過多な時代の中で知識、情報の精度を向上して生産性を高めることを目指すうえでも、様々な「地力」が必要に思えていますが、

フレームワーク
・ディープスマート
・失敗力 <--> ベスト・プラクティス

 といった、モノの捉え方、見方について言及されているところが、まだまだ発想のトレーニングが必要な僕にはものすごく強烈なInputですね~。

 【空・雨・傘】の下りなんかも、ロジカルシンキングを進める上でのすご~く基本的な意識の持ち方として、すごく良い気づきを与えてもらいました。

 別の部分で、「日々の生活で見聞きするものを数値化してみる」なんてくだりが出てきますが、
実は、同じことを前の同僚とお昼ご飯の時にやっていたりしたんですよねぇ・・・

 こういう経験しているアプローチは、【新たな気づき】ではないけれども、書中で触れられている「知の三点測量法」の一部として糧にすることも出来るわけですし。

2.参考文献、サイト情報が豊富で、芋づる式読書(?)に最適な本であるということ

 「良書が良書を呼ぶ」とでも言うのでしょうか。
あるいは、1.で触れた”姿勢”でいうところの、ベスト・プラクティスの共有に当たるのでしょうか。

 とにかく、参考情報、文献、サイトが充実しています、この本。
著者が、自ら指摘しているところの、「Givex5」な姿勢が本当に現れているのだと思います。

 まだまだ、書評にとどまっているこのブログですが、そのInputをOutputして試行錯誤した結果としてのプラクティス(まだベストぢゃないかも)も、「Givex5」していく場にしていきたいものです!

効率が10倍アップする新・知的生産術
自分をグーグル化する方法

著者:
勝間和代
出版社: ダイヤモンド社
サイズ: 単行本
ページ数: 287,
発行年月: 2007年12月
スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 勝間和代 勉強法 会計 IT ベストプラクティス フレームワーク

comment

Secret

ブログ内検索
カスタム検索
■□ 最近の検索ワード □■ SEO
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
~~~~~~~~~~~~~ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ track feed TREview ~~~~~~~~~~~~~
RSSフィード
おまけ
***********
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。