読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた 格差はつくられた―保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格差はつくられた―保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略

 小飼さんのBlogでも、バッサリと評されている(本自体ではなくて、内容をストレートに)ノーベル経済学賞受賞を受賞された、ポール・R.クルーグマンの著書。

 ざっくりまとめれば、

ジョージ・W・ブッシュが保守派として展開していた施策が、実は米国がもっとも貧富の差が激しかった時代を蘇らせているんぢゃないか?

 ってコトを、マクロViewから定量的にも検証していたりするところに関心を覚えました。

 この本自体が発売されたときは、それは未来の出来事であったわけだけれども、反動としてのリベラル化が進む中でのオバマ大統領誕生ってのは、それはそれで自然な流れだったのかもしれませんね。 


格差はつくられた
保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略

著者: ポール・R.クルーグマン /三上義一
出版社: 早川書房
サイズ: 単行本
ページ数: 255p
発行年月: 2008年06月

スポンサーサイト

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

comment

Secret

ブログ内検索
カスタム検索
■□ 最近の検索ワード □■ SEO
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
~~~~~~~~~~~~~ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ track feed TREview ~~~~~~~~~~~~~
RSSフィード
おまけ
***********
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。