読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた 2009年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の哲学

 プレジデントで2002年に特集されていた、「いる社員、いらない社員」が再編集されたのがこの本。
当時は・・・まだ社会人駆け出しで、そんな雑誌の中吊りよりも、Flashとかの方にまだ目が言っていた頃でした・・・(たぶん 笑)
「いる社員、いらない社員」という視点で読むのもアリですが、むしろ

・リーダーシップって何?
・リーダーシップを構成するエッセンスってどんな姿勢や考え方?

 なんて興味を持って読むのも、大変楽しい一冊だと思います。

 すでに当時の職から離れている方、まだまだ組織のリーダーとして先頭に立たれている方々など7年もたつといろいろあるワケですけども、外資系の日本法人からコテコテの日本企業にやってきたばかりの僕としては、いろいろと「じ~ん」ときちゃう部分もたくさんありました。


仕事の哲学
自分で考え、伸びるために
President books

著者: 「プレジデント」編集部
出版社: プレジデント社
サイズ: 単行本
ページ数: 221p
発行年月: 2006年11月


【日本人のリーダーには、「戦略性」がかけている(カルロス・ゴーン)】

 これの裏返しとも取れる示唆もありまして・・・、「攻撃的(攻めの営業・・・っていう趣旨だと思う)な姿勢の人には、戦略性を求めたい・・・(三枝匡)」なんてのもあるんですが。

 短期だけではなくて、中長期的なビジョンと、それを実現するためのアクションプランと目標設定・管理とでもいいましょうか。
ゴーンさんの言葉は、読み返せば読み返すほど、すご~くシンプルなんですよね。

 仮に四半期ごとの数値目標(予算)が設定されて、賞与連動とか、歩合連動なんかしちゃうと、やっぱりある程度短期的な視野を中心に活動をしたくなるのが人情ってものかもしれないけれど、リーダーはそれだけぢゃいけませんよと。

 あと、「透明性」という言葉のもとに、フェアネス(たぶん、社外に対しても、社内に対しても)にも言及されているのが印象的です。

【しがらみは断て! 約束事は破れ! どんどんはみ出せ! (重渕雅敏)】

 パッと上の文言だけみると、「すげ~~~~!」って思っちゃいますけど、縦割り組織の壁を破るとか、市場の変遷にともなうセールスマインド、手法を切り替えていくとか。

 「これまでとは違うこと」に取り組む勇気というか、覚悟というか・・・
そういうものが試されていくのかもしれませんね。


 確かに、「一番変わらないのは人」な~んていわれることだってあるし、まだまだ海外比率が決して高くない環境でもあるので、ともすると「ガラパゴス」しちゃうかもしれない状況(土壌)ではあるんだけど。

 新参者であることをメリットにできる発想をしていきたいし、そうすることでいろいろな意味での「価値」向上を
していかなきゃならんなぁ・・・と心新たにしたのでした。

インタビューで登場している企業:
花王、キヤノン、日産自動車、伊藤忠商事、日本興亜損害保険、東レ、日本アイ・ビー・エム、住友商事、富士ゼロックス、商船三井、TOTO、ファーストリテイリング、セコム、ユニ・チャーム、HIS、松井証券、日本電産、信越化学工業、ミスミ、キリンビール、大和ハウス工業、コジマ、ローソン、シチズン時計、アサヒビール、セブン-イレブン、ファミリーマート、住友信託銀行、積水ハウス、味の素、全日空、大和証券グループ


スポンサーサイト

theme : 読んだ本の紹介
genre : 本・雑誌

日本一わかりやすい価格決定戦略

 また、どえらい本に逢ってしまいました。

日本一わかりやすい価格決定戦略
売りたいのなら、値下げはするな!

著者: 上田隆穂
出版社: 明日香出版社
サイズ: 単行本
ページ数: 253p
発行年月: 2005年04月


 マーケティングミックスの"4P"の中でも、ある意味ですご~く会社の経営に直結してしまうプライシング
そこを、消費者心理の観点からもスポットライトをあてつつ、

・消費者の購買行動(心理)に応じたプライシング
・価格政策を通じての、心理を抱かせるブランディング
・(忘れちゃいけない)チャネルマージン問題

 などに切り込んでいる一冊です。

 某企業のマーケティング研修でやった、フレーミング効果や、スキミングなんかも出てきているので、
ちょうど良い復習のタイミングでした。

 また、建値制度のような旧態的なスキームの細部を分解し、

・センターフィー
・ボリュームディスカウント
・決算協力金
・完納奨励金
・特別配送
・チラシ協賛
・イベント協賛
・売り場買取

 といった、手法が例を交えながら解説されてるのも、すごくいいタイミングでの"Input"になりました。

 あと、この本はサンプルケースが多いので、初めてでもとっつき易いかもしれませんよ~

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : プライシング 建値制度

トコトンやさしいプラスチックの本

 プラスチックそのものを取り扱ってるワケぢゃないんですけどね。
「仲良しなお友達」でいなければいけないので。お勉強です。

トコトンやさしいプラスチックの本

著者: 本山卓彦 /平山順一
出版社: 日刊工業新聞社
サイズ: 単行本
ページ数: 158p
発行年月: 2003年04月


 「こんなモノもプラスチックなの?」

 って驚きももちろんですが・・・

 成形方法や樹脂の特性や、用途に応じて求められるスペックなんかについても、チョロッとですけどちゃんとかかれていて。

 学者さんやその道の技術的なエキスパートの方には明らかに物足りない内容に思えなくもないですけども、今の僕のように、プラスチックと仲良くなろうとしている人にはオススメの1冊です。

 人工芝が射出成形で作られることがあるなんて、思いもよりませんでしたよ(笑)

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : プラスチック 成型 射出成形 押し出し成形 ガラス繊維

ジーコイズム

 レオの自伝に続き。

ジーコイズム

著者:
ジーコ
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 238p
発行年月: 2003年04月


 2003年の出版なので、ちょうど日韓W杯が終わって、ジーコが日本代表監督に就任したころに書かれています。

第一部:日本は勝てるか
第二部:これが「勝利の法則」だ
第三部:ワールドカップの英雄たち

 といった構成ですが、

・自らの自伝
・日本サッカーへの提言
   +
アミーゴたちからの言葉

 といった構成は、ちょっとレオの本と構成が似ていますね(笑)

 内容はもちろんサッカーや人間としてのあり方が深くて、

・パスを出せること
・(そのために)ボールをきちんと止めること
・正確に蹴れること

 といった、「3つの大切なコト」なんかも挙げられているんですが、しがないイチ サラリーマンとしてひびいちゃったのは、コレ。

「”日々の繰り返し”と鍛錬。そしてその上にあるインプロビゼーションがサッカーには必要」
*「インプロビゼーション」は、準備されていない状況に対応するための「即興性」とされていますね

 ってのは、もしかしてサッカーやその他のスポーツだけではなくて、一般の社会人にもキッチリ当てはまっちゃうんぢゃないの?ってこと。

 ・・・何といいますか・・・

 定常業務の繰り返し(いつも全く同じ・・・ってことはないだろうけど)の中でも効率化やスピードアップを図りつつ、なにか違うことが発生したときにも臨機応変に対応する

 とでも言いましょうか。

 



[ジーコ] ブログ村キーワード

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : ジーコ

なぜ売れないのかなぜ売れるのか

 イトーヨーカ堂会長の鈴木敏文氏による、社内報(?)の対談記事をまとめ、本人からの加筆コメントまで
ついちゃった一冊です


なぜ売れないのかなぜ売れるのか

著者:
鈴木敏文
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 261p
発行年月: 2005年07月


 都度行われている対談集なので、鈴木氏の発言には繰り返し部分も所々出てくるんですけど、それだけ強い思い入れがあるということなんでしょうね、きっと。(書籍の流通慣習など)

第一章:改革を不断に進める
第二章:本質を見極める
第三章:つねに挑戦し続ける
第四章:常識を超えて発想する

 など、「過去」よりも、「未来」のためにどう考え、どう取組むのか? という示唆にあふれた本です。

 POSデータをどう使うのか。マニュアルに基づく画一的オペレーションで成り立つのか?など、
高度経済成長からバブルの頃(需要の単純増加)と、昨今の消費状況を踏まえて語られている部分も、
「内部」だけでなく、「外部」要因を視野に入れた活動の大切さを痛感させてくれます。

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 鈴木敏文 売れない 売れる POS

ブログ内検索
カスタム検索
■□ 最近の検索ワード □■ SEO
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
~~~~~~~~~~~~~ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ track feed TREview ~~~~~~~~~~~~~
RSSフィード
おまけ
***********
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。