読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた 2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】グローバル・リーダーシップ 21世紀型指導者に求められる資質

・EQの重要性を認識せよ
・「サーバーント・リーダー」としての姿勢
 --> 他人(チームメンバー含む)を助けたいという動機を持つこと
・みなが共有できるビジョンの提示
 --> 外部からの観点と、内部からの観点
 --> 自分のビジョンの理解を得る努力
 --> 組織・部門のビジョン、個人のビジョンへの展開
 --> 継続すること

・ピラミッド構造から、同心円構造へ

 著者がいくつかの企業のCEOレベルの人々をケースとして取り上げているのですが、
関心を持ったのは、

・リカルド・セムラー(セムコ)
・ジョン・ブラウン(BP)
・ケネス・リュノールト(AMEX)

 の3名。
もうちょっと深く触れてみたいもんです。


グローバル・リーダーシップ 21世紀型指導者に求められる資質

マイケル・J.マーカート著
ナンシー・O.バーガー著
青島 淑子訳
出版 : 中央書院
サイズ : 20cm / 350p
ISBN : 4-88732-105-8

スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

【レビュー】3分で右脳が目覚めた

・右脳と左脳のバランス

 を意識するってなかなか難しいことでして・・・
どちらかというと、「左脳型だよね」と言われたり、感じたりすることの多い自分への
プチ処方箋です(笑

 やっぱり、一番強烈(?)だったのは、受け答えの言葉1つで発想が変わるって
とこでしょうか。

・ドタキャンされたら、責めるより、違う有効活用の道を考える

 とか。

 たまには、少し楽天的に、そして直感的&柔和に。
感情、感情(w


3分で右脳が目覚めた。

中谷 彰宏著
出版 : 三笠書房
サイズ : 20cm / 185p
ISBN : 4-8379-2007-1
発行年月 : 2003.2

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

【レビュー】ズバリ当たる黒門流四柱推命

 ちょっと嗜好を変えまして・・・別にナニってわけでもなかったんですけど、
四柱推命ってみました。

 この本が面白いのは、付録でシート(コピーして使うよろし!)がついていて、
本を読みながら、四柱推命占いを実践できるところでしょうか!

 占いを実践するにあたっては、

生年月日
生まれた場所(都道府県)
生まれた時間

 が必要。なんと、ご丁寧に、日本標準時との時差表があって、それで補正しちゃうという細かさ!

年干:丁
月干:甲
日干:癸
時干:戊

年支:己
月支:辰
日支:己
時支:午

<通変:正財>
 --> "起伏の少ない安心安全な平穏すぎる人生"らしい・・・(w
 --> 財産形成は得意だけど、行き過ぎるとただのケチ
 --> 経理などお金を管理する部署が向いている

 --> リスキーな故意はしない、結婚向きの平穏派 ⇒ へぇ~
 --> 口うるささで相手が逃げることも ⇒ ドキッ!?
 --> 恋愛を楽しむ気持ちのゆとりを持ちましょう ⇒ なるほど~

らしい・・・むぅ。

五行(陰陽五行)のバランス:

*「水」を強める:
・寝室は北で、水辺の写真など
・黒やグレーの服で、水辺の場所や温泉、水族館におでかけ
・ホラーかサスペンス映画

*「土」を強める:
・寝室は北東か南西で、陶器・パワーストーンなど土由来のものを置く
・黄色、茶色の服で、緑豊かな山、丘などにおでかけ
・ミステリー映画

 といった感じでしょうか。
結婚運Upの秘訣なども記されていて、かなり実践的かつ分かりやすい本です。
少し時間のあるときにいかがですか?


ズバリ当たる黒門流四柱推命
運命が変わる恋と結婚のカルテ

黒門著
出版 : 日本文芸社
サイズ : 19cm / 334p
ISBN : 4-537-20500-8

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

【レビュー】負けない交渉術

これに引き続き、交渉モノ。
最近、なにかと「交渉」ごとが多いので・・・(w

・「相手の説得」よりも、「提示と譲歩」
 --> つまり、「最大限に譲歩した着地点≦最初の提示 - 譲歩分」 って感じ?

・譲歩を迫るときは、権限を持っている人へ。
 --> 反対に譲歩したくないときは、権限のない人として交渉

・Goalは自分の目的を達成すること。勝ち負け、優劣は関係ない
 --> Win-Winな着地点はどこか?
 --> 相手の自発的な合意を促せるか?

・ゲームにはルールがある
 --> ルールが何かを理解しておくこと!
 --> 弁護士の方が執筆されているので、法律がケースになってますけどね(w

・シンプルな「Yes/No」よりも、「Yes,If...」

・オファーは相手にさせる

 なんか、冒頭に出てくる交渉のサンプルがそっくりだった気がしなくもないのですが、
やはり交渉事で心得るべき事項って、本質的にはいくつかの項目に絞られるのかなと感じますね。
あとは、実践、実践、また実践で脊髄反射でできるようになりたいところ・・・



負けない交渉術
アメリカで百戦錬磨の日本人弁護士が教える

大橋 弘昌著
出版 : ダイヤモンド社
サイズ : 19cm / 222p
ISBN : 978-4-478-73346-2

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

【レビュー】僕のピアノコンチェルト - ネタばれ注意

 シューマン(・・・あ、もしかしてショパンかも・・・)のピアノ協奏曲から始まるこの映画。
天才ピアニストのサクセスストーリーなのかなぁ?と思いきや...

 とある事故をきっかけにその才能を失ったかのようにみせかけるヴィトス。
他方で、才知を駆使して父親の窮状を救いに策を弄すわけですが・・・

 インサイダーかい!?

 的アプローチでの実現にはちょっと・・・「?」マーク。

 家族愛たっぷりな雰囲気をかもし出しつつも、

 カネかよ!?

 的ツッコミポイントもあり・・・

 でも、ヨーロッパ映画なので、景色は綺麗。

僕のピアノコンチェルト

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

ホテル・ルワンダ

 ツチ族、フツ族の民族が同じ国の中で争う内戦状態のなかで、人種の隔てなくシェルターとして
1200人以上の人々を惨禍から守った実話に基づく映画。

 副支配人、ポールが巧みに軍の実力者や国連の実力者とパイプを
保っていこうとする姿勢に感銘。

 ワイロだったり、ちょっと生々しいところはあるけれども、察知していながらも
それとな~く聞き出すところは、ホント旨いなぁと。

 出国ビザを得たにもかかわらず、土壇場でホテルに残ることを決めた彼の姿勢には
感動しました、いやホントに。最後の軍将軍との、ホテルに戻ることを決意させる交渉も
然り。

 「なんだ...行っちゃうのか、ポールさん」

 と思いかけていたところを、見事にひっくり返されましたよ。


ホテル・ルワンダ
(HOTEL RWANDA)

# 出演: ドン・チードル, ソフィー・オコネドー, ニック・ノルティ, ホアキン・フェニックス
# 監督: テリー・ジョージ


 

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

激安Private Brand - PRESIDENT 2008.07.14号

新しいイメージ

 ちょっと毛色が違いますが、雑誌からのエントリーです(w
ちょうど、会社の研修で食品小売業にフォーカスした内容(しかも、PB展開による売上拡大戦略)を扱っていたこともアリ、即買い。

・中間マージン
・メーカー側の販管費が原価に乗りにくい

 といった構造から、低原価(COGS)、低価格、Highマージンといった構造ですか・・・

 さて。日付はかわって某日。
某メガリテールを訪れてみると・・・思わず手が伸びちゃいますね、PB商品。

PA0_0021.jpg
PA0_0023.jpg

 なるほどねぇ。
自社製品としてのヨーグルトはあんまり見かけたことないけれど。
PBへのOEM供給ってビジネスモデルもあるよね~ということで。


PRESIDENT (プレジデント) 2008年 7/14号

出版社: プレジデント社
発売日: 2008年06月23日

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

休日らしい休日・・・

 昨日の夜ジムで、ジョグ含めてみっちり汗流して、今朝は9時前に起床。
快晴だし、最近できてなかった

・布団干し
・大掛かりな洗濯
・アイロン掛け

 などの家事をこなしつつ・・・

 ベランダ越しに青空を眺めながら、ボッサをBGMにブランチ。
こんな週末の昼下がり・・・ちょっとリッチかも(笑


サリナ・ジョーンズ feat.アントニオ・カルロス・ジョビン/ボサノバ・ナイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Idea hacks!

 ちまた(?!)でまだまだ人気(?!)のHacksシリーズ。
今回の

IDEA HACKS!

 もなかなか読み応えのある一冊でした。

・「フロー」と「ストック」で進める情報管理
 --> これは必ず一箇所に保管(特にストック型)

・帰納法発想と、演繹法発想

・MindMap, FreeMind, MindManager等による、「発想」の管理

・15分以上かかる作業はスケジュールへ組み込め!
 --> 「やろう、やろう」と思っていても、いろいろな割り込みで進まないこと・・・これまで数多し
   な身には痛み入りますなぁ、これ(w

・3つのバッファー
  - 合流バッファー
  - プロジェクトバッファー
  - リソースバッファー

・タクナビと部下ナビ
  - 目的の提示
  - 相手に合わせて自分のRoleを変えて、プロセスを提示
  - 失敗事例を学び事例として提示

 最近の仕事で、すご~く感じているのが、

・ストック情報からフロー情報を見出す
・帰納法的発想(ブレスト?)から演繹法的発想でストーリーを作る

 ことって、最近もしかして重要かも・・・ってこと。

 Googleがあるから、情報自体を得ること、探すことの障壁はすご~く下がっている。
だけれども、得られた情報をたんなる「うんちく」で終わらせるのか。
それとも、考えられる仮説の肉付けとして活用するのか。

 こういう頭の体操って、センスももちろんあるんだろうけど、トレーニングすればするほど、
もしかすると展開の幅が広がるのかもしれませんね。
 

Idea Hacks!

原尻 淳一著
小山 龍介著
税込価格 : ?1,575 (本体 : ?1,500)
出版 : 東洋経済新報社
サイズ : 19cm / 230p
ISBN : 978-4-492-04259-5

theme : 気になる本をチェック!!
genre : 本・雑誌

プロジェクト・ノリカ

 小型CCDから、鉄道模型につけるCCD、無線転送機能付CCDなどを開発し、カプセル型内視鏡開発へと事業展開を進める企業の創業者の著作。

 自らの自叙伝的な要素もありつつも、経営方針や、カプセル型内視鏡開発の背景や経緯についても記されています。

 ユニークだなぁと思ったのは、社内関係者が企業(著者)について語っているページ。
なぜこの企業に参画したかとか、彼らの視点でみる企業評など。

 長野にこんなユニークな企業があるなんて知りませんでした・・・(汗


プロジェクト・ノリカ

丸山 次郎著
出版 : 徳間書店
サイズ : 19cm / 233p
ISBN : 4-19-861658-2

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

30分間でキャリアの磨き方がわかる本

 齢30も過ぎまして、自分の人生プランなどというものを少しは真摯に考えてみようかな?
と思うようになり始めたところで手にとってみたのが本書。

 「30分間で・・・」とあり、またPHPビジネス新書シリーズでもあるので、180ページ程度の
ボリュームは「サクッ」と読みきるのにちょうど良いボリューム感かもしれません。

 内容はというと、著者の経験や転職経験者からのInput等を織り交ぜつつ展開されていますが、

・1日30分の職種確認
 - 朝、仕事にしかかる前に、今日のToDoの見極め
 - 午後、昼食後10分で、午前の反省と午後の見極め
 - 寝る前くらいに、1日分を振り返る

・「キャリ友」= 人脈として
 --> 僕の自己経験ですが、「友人」として第三者的観点から大きな意思決定に意見や助言を
    してくれる近しい人の存在というのはとても大きいと思います。

・グローバル化のなかでのキャリア
 - 日本で働くならば、日本(人)の良さを忘れない <-- 日本人は英語苦手だから、日本的サービスはどのみち絶滅はしないだろうという仮定
 - 自分の業績を自分なりに計算
 - プロジェクトリーダーになる

・チームリーダーとしてのチカラ
 - 表現力
 - 改革するチカラ

・自分のキャッチコピーを作れ!
 - 自分のお金の使い方:どんなことに出費/貯蓄しているか?
 - ライフスタイル:自分が思い描く理想の生活は?
 - 特徴:自分が楽しかったことは?
 --> この三要素が交わるモノを探せ!

 といったところかな。

 キャリアの磨き方というよりは・・・ それだけでなくて、見極め方のよい
参考になるかもしれません、本書。


30分間でキャリアの磨き方がわかる本

柏木 理佳著
出版 : PHP研究所
サイズ : 18cm / 179p
ISBN : 978-4-569-69645-4
発行年月 : 2008.1


theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

ブログ内検索
カスタム検索
■□ 最近の検索ワード □■ SEO
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
~~~~~~~~~~~~~ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ track feed TREview ~~~~~~~~~~~~~
RSSフィード
おまけ
***********
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。